2005年07月21日

しつけアドバイスVol.3(やっと本題?!)

やっとこさ、しつけアドバイスの内容に入れそうです手(チョキ)

私が伝えた問題点について、
それぞれにアドバイスをいただきました。
以下はアドバイスの内容と、それを実行した結果です。

 1トイレのしつけについて
  【アドバイス】
   いきなり広い範囲に出しても、仔犬は膀胱が小さいから
   我慢ができません。
   ケージから出すとしても、部屋の中をさらにサークルで区切って
   ロデムが戻れる範囲で遊ぶようにしましょう。
   そして戻れたらしっかり褒める。
   失敗したら「あー」とか「わー」とかも言わないで
   とにかく感情を押し殺して淡々と接してください。
   一旦静かにケージに戻して、黙々と後片付けをして
   少しの間は放っておきましょう。
   で、少ししたら普通に遊んであげて良いです。
   6ヶ月くらいかけて、少しずつ遊ぶ範囲を広げていってください。
  【実行と結果】
   まずはケージの周りだけを遊ぶ範囲にしました。
   それだけの事なのですが、それからは一度も失敗してません。
   ケージの中のう○ちを片付けている間、外に出しておく時は
   外におしっこシートを敷いておくとそこでします。
   現在は8畳くらいの広さを遊ぶ範囲にしていますが、
   ちゃんと戻ってするようになっています。

 2甘噛みについて
  【アドバイス】
   噛むのを止めさせる、というよりは
   「ダメ」を判らせるようにしましょう。
   低い声で短く「ダメ」と言うようにします。
   その時は目をしっかり見て言って下さい。
   ロデムが目を逸らしたら、一応反省している証拠なので
   そしたら許してあげてください。
   甘噛みしたら「ダメ」といって遊ぶのを止めましょう。
   それでも止めないときはケージに入れて無視します。
   とにかくその繰り返しと、本当に嫌!、止めて欲しい!
   という態度で接するようにしてください。
   噛むのを止めたときはしっかり褒めてあげましょう。
  【実行と結果】
   噛んできたら「ダメ」→「ケージに入れる」→「無視」を
   徹底的にやりました。
   しかも、その時は
   「おい!噛んだらどうなるか判ってんだろーなーむかっ(怒り)
   という凄味をもって接しましたたらーっ(汗)
   時には仰向けにさせてマウンドのポジションを取って
   目を見て「ダメ」と言い、ロデムが目を逸らし力を抜き
   身体を私達に委ねるたら放してあげるようにしました。
   そして、「ダメ」で噛むのを止めたら
   大袈裟なくらい褒めてあげるようにしました。
   現在はほとんど噛みません。嬉しくて軽く噛む時もありますが
   「ダメ」で止めます。

 3要求吠えについて
  【アドバイス】
   要求吠えをするのは、そうしたら構ってもらえると思うからです。
   ロデムがケージに入ってる間も、表から話しかけてませんか?
   (してました。。。)
   犬は関心がない時や遊びたくない時は目を合わせません。
   目を合わせるのは「遊ぼっか?」に同意した時か
   「やんのか?」と喧嘩をかった時です。
   ケージの外から話しかけたり、目を合わせたりすることは
   ロデムの「遊んで」に同意してる事になります。
   なのに構ってくれないから要求吠えをするんです。
   ケージに入れている時は完全に無視してください。
   飼い主さんの姿が見える事自体がご褒美になっている
   場合もあるので
   寝る前や出かける前はケージに目隠しをして
   鳴き止むまで姿も見えないようにすると良いです。
   普段でも、要求吠えがひどいときは目隠ししても良いです。
   あとはロデムとの根競べです。
   ロデムがしつこく要求するなら、
   こちらもしつこく無視してください。
   そして、ケージから出して遊んであげる時は
   必ずロデムに注目してあげてください。
   何かをしながらとか、出してるだけで放っておくとかではなく
   きちんと遊んであげてください。
   まだ仔犬なので、1時間くらい遊んだら3〜4時間くらいは
   休ませるようにしてください。
  【実行と結果】
   言われたとおり、ケージの外から話しかける事は勿論
   目も絶対にあわせないようにしました。
   ただ例外で、ケージの中でもトイレで排泄をしたら
   「いい子〜」と言ってご褒美をあげるようにはしました。
   アドバイスを受けた日から、寝る時は目隠しをしたのですが
   次の日には寝る時も全く鳴きませんし、朝も私達がリビングに
   降りていくまでは鳴きません。
   降りてからは少しだけ忍び鳴き(?)しますが、その間は
   目隠しを取ってもらえないので、すぐに大人しくなります。
   そうしたら目隠しを取っておはようの挨拶をするのですが
   その後、朝の支度の為にケージに戻すと、また少し鳴きます。
   2回目のセッションでそれを相談したところ
   「きっと一日で一番忙しくて、ロデムの要求を無視はしてても
    ダメだと教える程の対応はできていないんじゃないですか」
   と言われました。
   確かに、無視はしてますけど逆に要求させ放題でもありました。
   なので、忙しいんですけど、ちょっとでも鳴いたら
   その都度目隠しをして、落ち着いたら取って、を
   頑張って繰り返すようにしました。
   今は少しだけ諦めが良くなってきました。
   その他の要求吠えも、よく我慢するようになりました。
   現在は、私達が家に居るのに姿が見えなくなった時、
   例えばトイレや洗濯に行くといった時は少し鳴きますが、
   それも諦めが早くなりました。   
   全体的には、鳴き止まなくて困ると言う事はなくなりました。

以上が相談した内容に対してのアドバイスと結果です。
1回目のセッションから2回目のセッションまでの1ヶ月ちょっと
主人と協力しながら実行しました。
実行している間も、少しずつ色々な疑問がでてきましたが
その都度メールで相談できたので安心でした。
また、1回目のセッションでは餌を使って
「お座り」「伏せ」の練習もしました。
がっついているロデムは、直ぐに憶えました。
その食欲が、その後私達の中で「これで良いのかなぁ」という疑問に
なっていったりもしたのですが。。。
その辺も含めて、
2回目のセッションでのお話は次回で。
posted by ポセイドン at 11:55| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい的を得たアドバイスですねぇ。
それだけに、効果も目に見えてありますね。
ロデム君も覚えが早くて凄い!
なかなか、生活に即したしつけって難しいですよね。
参考になりました。って言っても我が家では
遅すぎる&飼い主の根気がなさすぎぃ。(汗)
ご主人と協力する、これが大切ですよね。
次回のレポートも楽しみにしています。
Posted by ヒペリカム at 2005年07月23日 02:29
やっぱり、自宅の環境でアドバイスしてもらえるのは有難かったです。そして、何よりも「とりあえず一ヶ月、このやり方で頑張ってみて、ダメでもまたアドバイスしてもらえる」という安心感が良かったです。CAP君、遅すぎる事はないですよ〜!それに、十分お利口さんな気がします!
Posted by ポセイドン at 2005年07月25日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。