2006年02月24日

K9ゲームとは?

2月の日曜日に通っていた
K9ゲームレッスン。
このK9ゲームとはどんなものなのか
ここでご紹介しようと思います。

K9ゲームは、イヌが人と一緒に暮らすために必要な資質やマナーを
飼い主もイヌも簡単に楽しく身につけられることを目的として科学的に
考えられた9つの異なるゲームです。

競技は

1 ミュージカルチェア
   イス取りゲーム。音楽が止まったらイヌにお座りをさせハンドラーは
   イスに座る。その間、イヌは座ったまま待っていなくてはいけない。
   動いてしまったらまた席を立って待たせなおす。ほかのイヌの気を引い
   たりして邪魔するのもOK。

2 ドギーダッシュ 
  「ヨーイドン」の合図で、スタート位置にいるイヌを呼んでゴールまで
  走ってこさせオスワリさせる。2頭で競争し、先にオスワリした方が勝ち。
   
3 ディスタンスキャッチ
   投げたモノをできるだけ遠くでイヌにキャッチさせる。

4 コングレトリーブ
   様々なポイントが付いたオモチャを持ってこさせて、1分以内に
   できるだけ多くのポイントを獲得したイヌが勝ち。

5 テイク&ドロップ
   イヌにモノをくわえさせて、ターゲットになるべく近い位置にモノを
   落とさせる。

6 イヌとワルツ
   制限時間3分以内で、イヌとダンス、寸劇など、音楽に合わせて楽しい
   演技をする。
   衣装や小道具も可。個人でもグループでもOK。

7 リコールリレー
   1チーム4人4頭で2チームが競争する、ドギーダッシュのリレー版。
   4頭目がゴールして、全員が自分のイヌにフセをさせるのが早かった
   チームが勝ち。

8 ジョーパップリレー
   1頭のイヌが4人のハンドラーの指示に従って、
   4つのステーションでそれぞれの課題をこなす。
   2チームで競技して、4つめのステーションを終えて
   先にオスワリができたチームが勝ち。

9 ワンワンリレー
   1頭に続けて3回吠えさせて、1チーム(5頭)全体で15回吠えるのに
   かかった時間が短いチームが勝ち。

の9種目。

なかなか難しそうでしょ〜?

この9種目をトレーニングすることで
飼い主の指示でしっかり待っていられる、とか
呼んだら戻ってくる、とか
飼い主以外の人に触れられたり指示をされても大丈夫になる、とか
普段の生活でもとても大切になる行動が学べるようになっているんです。
もちろん楽しんで。

ご興味がある方はこちらを覗いてみてくださいね!

 「K9ゲーム」

で、レッスンを終えてみての感想や
最終回に行ったレッスン成果のコンテスト(?)の結果などは
また後ほど・・・。




posted by ポセイドン at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。