2006年01月19日

まったく・・・(おばちゃんの愚痴)

今日、仕事を終えて帰ってきた時
最寄り駅の改札を出たところの階段で
こんな事があった。

いつもはガラガラの階段なのに
今日はやたらと沢山の人が登ってきていた。
必然的に降りの階段のほうも
きちんと並んでゆっくり降りなければ危ない状況。
「今日は何かあったのかなぁ・・・」と思いながら
列の流れに乗って階段を降り始めたら
後ろから明らかに肘でガツガツと押してくる奴が・・・。
思わず押しちゃった、とかいうのではなくて
押しているという事を私に分からせたいという感じ。
一回目は目をつぶったんだけど
二回目にやられた時には考えるより先に口が動いてた。
ま、親類縁者(?)なんかもここを見てるので
実際の台詞は伏せておくが
丁寧に言えば
「危ないので押さないでもらえますか?むかっ(怒り)」って事。

押していたのは
メガネ・色白・小太り(悪い表現ですみませんたらーっ(汗))の中学生。
目も合わさずにソソクサと階段を駆け下りていった。
ヤバイおばさんだと思ったのかしら?
いっそコケて「痛ぁ〜いあせあせ(飛び散る汗)」とか言いながら
ああいう状況で押したら
どういう事になるのか教えて差し上げれば良かったかしら?

ほんと、しっかりしてくださいよ。
勉強なんかも大変なのかもしれないけど
まず人の中で生きていく上での
最低限のマナーは学んで欲しいと思った。





posted by ポセイドン at 22:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く?」
我が子が小さい頃、エスカレーターを急ぐ人に怯えながら、そんなことを考えておりました。
今は受験シーズンだから、中学生君(さん?)も受験であせってたのかしら?(勝手に想像)
もしそうだったらなおの事、落ちないようにお気をつけて…ですよね。
Posted by ayawe at 2006年01月20日 20:33
ayaweさん
本当に、子供に限らず自己中の人が増えているなぁと感じますね。ま、そう思うたびに「自分はそうならないようにって注意してもらってるんだ」と思い、気を静めるのですが。。。
中学生は焦っているから押したという感じじゃなかったんです。「押したい」という感じ。なのでこちらも容赦なく注意しちゃったんですけどね^^;
必要なら「すみません」と言って追い抜けば良い。急ぐ必要のある場面は誰にでもあるんですもの。余計な事には口達者なのに、大切な事は口に出来ない子供が増えている気がします。可愛そうです。やっぱり家庭での会話が重要なんでしょうね。
ayaweさんのところは、いつも家族で色んな事に参加されていたり、素敵だと思います!動物が居るっていうのでもかなり違いますよね〜。我が家も以前にも増して家で過ごす時間が楽しいです。感謝、感謝ですね。
Posted by ポセイドン at 2006年01月27日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。